経済的でエコにもなるリサイクルトナー

プリンターやコピー機、あるいはFAX機、またそれらの機能を兼ね備えた複合機では、紙への印刷を行う際に、インクか顔料を使います。インクは顔料を液体にしたもので、主に印刷量が少量のタイプの機械の場合に多用されます。機械の主なユーザーは家庭か小規模事業所になります。これに対して大量の印刷を想定した機械の場合は、主に粉末の顔料であるトナーを使います。トナーは、粉末な為、インクと比べて軽いのと、カートリッジを大容量にしやすいという利点があり、主にビジネス向けの大型機械に導入されています。このトナーは基本的には機械メーカーがそれぞれに自社の機械専用に作っていて、これを純正品と呼びます。純正品は、使い切りの消耗品であり、値段も高額になる場合がほとんどです。

リサイクルだから経済的です

純正品のトナーが一回限りの使い捨て商品であるのに対して、カートリッジを繰り返し利用したリサイクルトナーというものがあります。これは機械メーカーが出しているものではなく、リサイクル専門の業者が販売しているものです。リサイクルトナーの製造工程は以下のようなものです。まず、純正品の使用済みトナーカートリッジを集めます。一回使ったからといっても、カートリッジは堅牢なので、複数回の使用に耐えます。このカートリッジにその機械にあったトナーを詰め直します。こうして出来た製品をユーザーに販売するのです。リサイクル品は、カートリッジを生産しなくていい分、コストがかからず安く販売されています。おおよその価格としては純正品の3分の一から4分の一くらいの価格帯で販売されています。コストパフォーマンスが高いのです。

リサイクルだから環境にも優しいです

リサイクルトナーはその名の通り、リサイクル品です。カートリッジの部分はほとんどがプラスチックですから、石油製品をリサイクルして繰り返し使うことになります。このため、環境にも優しいエコな商品といえます。機械メーカーの中には、使用済みのカートリッジを回収して、それを分解してリサイクルに回していることをアピールするところもありますが、この方法だと、リサイクルにコストもかかりますし、エネルギーも消費します。既に製品としてあるカートリッジをそのまま再利用したほうがリサイクルという点においては遥かに優れていることは言うまでもありません。ユーザーとしては、高くても純正品の方が安心という方もいらっしゃいますが、カートリッジは堅牢ですからリサイクル品だからといって故障の原因となる事はほとんどありません。